イレブンベース レビュー

イレブンベース レビュー

こんにちは。よっしーです。

今回はイレブンベース を半年使ってみて思った良いところ悪いところを書いていきたいと思います!

イレブンベースのメリット

  1. 値段
  2. イレブンベースの広さ
  3. 設営の簡単さ

お値段

イレブンベースは僕が買ったときは22000円でした。

2万円であのサイズのシェルターが購入できるのは大変お財布にありがたいですね。

発売当初は結構いい値段してたみたいなのですが、カマボコテントが出てからだいぶ値段が下がったみたいですね

広さ

名前のごとく11帖ある広さ!

実際には11帖使えるかというとそうでもないのですが

イレブンベースの中にコールマンのツーリングドームLXのインナーテントを入れてその前にマットを引いてもまだまだ余裕で荷物が入る空間があります。

僕はデュオキャンプが基本で

2人でイレブンベースを使うと、すごくグランピング感あふれる贅沢なキャンプになります。

イレブンベース設営写真

設営の簡単さ

イレブンベースは3本のポールで立っています。

3本ポールを差し込むだけで風が無風なら完成といってもいいくらい簡単です。

ポールを差し込んでる画像

テントを立ち上げる時一人じゃきついのと、この簡単さが仇になることがあるのですが

やっぱり設営が簡単っていうのはキャンプをする中でかなり重要なことだと思います。

イレブンベースのデメリット

  1. 風に弱い
  2. 広さ
  3. 絶版になってしまった事

風の弱さ

1番はこれに尽きます。

本当に風に弱いです!

ポールが細いのと3本のポールで成り立っているのと背が高いのが主な原因だと思うのですが、

風速10メートルを超えたら下の画像のようにポールが内側に曲がってしまいます。

僕の立てかたが悪いのかもしれませんけどね!

テントが内側に曲がってる画像

広さ

上のいいところで出てきた広さ何ですがテントサイトによっては悪いところに早変わりします。

何たって11畳もあるので本当に広い!

購入前に想像していた広さより1.5倍広いです。

1サイトに収まらずに2サイト借りることがしばしばありました!

そして、広いのにベンチレーションが付いていないので冬場は結露がすごいことになります。

タオルで拭き上げないとまずチェックアウトまでに乾いてくれません。

絶版になったこと

イレブンベース・現在(2020年2月5日)

製造を終了しており、それに伴いアフターパーツの製造も終了しました。

ポールが折れたりした時にもう変えの部品がない状態です。

これはかなり痛いところです。

強風でポールが曲がってしまい変えのポールが欲しくて仕方ないのですが手に入らない状態です。

メーカーに問い合わせてももう作ってないとの返事をいただきました。

一応ポールが完全にダメになるまで使うつもりでいますが、ほんとに無風のところでじゃないと

設営できない状況になっています。

僕の場合はツーリングドームのインナーを使うのでフライシートを持っていけば

たとえ風が強くてもどうにかなるのですが。

まとめ!

以上、上に書いた通りメリット・デメリットありますが

僕は買って後悔はしてません。

人それぞれでしょうが初めから風にめっちゃ弱いというのを分かった上で購入し

キャンプ場を考えて使えばすごくいいスクリーンタープだと思います。

まぁ、僕みたいにメインのテントにするのはおすすめしませんが。

購入を考えている方がこのブログを読んで参考になれば幸いです。